異なる部分を勉強しよう

ケータリングとデリバリーって何が違うの?

時と場合に応じて使い分けよう

食事を届けてもらう時に、デリバリーを活用する人が多いと思います。 ピザや寿司のデリバリーが有名ですよね。 デリバリーは、本当に食事を届けてもらうだけのサービスになります。 自宅に届いてから、その場で清算します。 手っ取り早く、食事を用意できる方法です。

ケータリングの特徴を把握しよう

複数の料理を運んでもらい、ビュッフェ形式で食べられるのがケータリングです。 好きなものを、好きなだけ皿に取り分けて食べられるのは嬉しいですね。 また、用意から撤収まで業者が担当してくれます。 自分たちは何もしなくて良いので、楽に食事を済ませられます。

どんな時にケータリングを利用するのか

主に、パーティーを開く時にケータリングを利用する人が見られます。 大量の食事を自分たちで作るのは大変ですし、他にも用意を進めなければいけません。 食事はケータリングを利用することで、準備の負担を減らすことができます。 おいしい料理を、手軽に用意しましょう。

簡単な容器で届けてもらおう

デリバリーは、食事を運んでもらうだけになります。
食事が届いたらすぐ清算して終了です。
また、料理を入れる容器もケータリングとは異なります。
デリバリーは、簡単に捨てられる容器に入れるのが一般的です。
紙のお皿や、パックを使用している業者が多く見られます。
食事を済ませたら、すぐ捨てられる面がメリットです。
容器を回収しなくても良いので、業者も負担を減らすことができます。

ケータリングは、用意から撤収まで業者が担当してくれます。
1種類だけでなく数種類の食事が用意され、好きなものを食べられる形式になります。
また、箸や皿と言った小物まで、業者が用意してくれます。
こちらは一切準備せず、業者が用意したものを食べれば良いので非常に楽です。
温かい料理をいつでも食べられるよう、料理を保温する専用の機械なども持ちこんでくれます。
デリバリーに比べて、豪華な食事ができると考えても良いでしょう。

パーティーの時に、ケータリングを使う人が多いです。
たくさんの人が集まるパーティーだと、自分たちで料理を準備するのは大変です。
また材料費も高くなります。
ケータリングを利用した方が短時間で準備を済ませることができますし、費用も安くなるかもしれません。
和食や洋食など、業者によって、ケータリングに対応している料理が異なります。
希望に一致している業者を見つけて、依頼してください。
時と場合によって、デリバリーとケータリングを使い分けましょう。

おすすめリンク

宅食ってどれだけ便利なの?

宅食はとっても便利ですが、どれだけ具体的に便利なのか。利用者の声を参考にまとめてみました。